TOKIO LIVE TOUR OVER 30's WORLD ツアー最終日

3会場5公演と短いライブツアーの最終日は名古屋。
私は、前回いつ名古屋でのライブに参加したかがわからないくらい、
久々に名古屋へ行きました。
最終日じゃなきゃ、名古屋に行ってなかったと思います。
そのくらい、いつも名古屋は避けていました。
なんか、「TOKIOライブは名古屋が盛り上がる」という都市伝説が
あったから、それもなんだかなぁ、って感じで(ファン歴の長い人は
まずそんなこと言わないし)。

メンバーも言ってたけど、名古屋は(特別盛り上がるというよりも)、
いろんな伝説行為があるんですよね。
けれど、今回は最終日だし、全国からTOKIOファンが集まるだろうから、
盛り上がることは間違いないだろうな、と、特別な気分で参加しました。

台風で交通機関がどうなるかわからない状況になっても、なんとしても
名古屋に行かなければ・・・と思ったのは、今回の席のため。
アリーナ席は、これまで幾度か経験していますが、いつも上手側か下手側。
ドラムの位置のほぼ真ん前のブロックにはなったことがなくて。
(ホール公演は別として)

ドラムの位置が上手側にあったときは、常に下手ばかりで、ドラムが
まーったく見えないことばかり。
だから、席の番号からして、今回はもしかしたら中央に近い?と
期待があったのです。
こんな席は滅多に来ないから、だからどうしても行きたかった。

実際は、ぐっさんの真正面あたりのアリーナ前方でした。
けれども、かなりの中央寄り。
テンションが上がります。

まぼが登場し、まさかドラムのタム2個が、まぼの顔に被るのか!?と
予想外の展開に一瞬困惑しましたが、まぼが姿勢よく演奏すると、
まったく問題なし(^^)
おかげで、まぼの顔がよく見えるだけじゃなく、私の大好きなリズム隊
ツーショットをじっくり見られました(笑)

この日のまぼは、ラベンダー色っぽいタオルを頭に巻いてました。
ライブが始まる前、場内アナウンスで収録の旨を説明していたのと、
ビデオカメラが複数、アリーナ後方にはクレーンカメラまであって、
映像収録をしていました。

まぼの坊主の頭があまり好きではない私は、タオル巻きスタイルで
ビデオに映るならいいな♪と思いながら見てました。

武道館では譜面をガン見していたまぼも、さすがに最終日ともなれば、
いろんな方向を見て演奏しています。
メンバーとのアイコンタクトも多くて、そういう姿を見るのも嬉しい。

サポートメンバーを紹介するときに、ドラムを軽く鳴らして遊びの
ある部分や、ちょっとしたフィルの遊びに、ワクワクしながら
今回もライブを見ました。
常に、ドラムの音ばかり、耳で追ってしまいます。

真正面からドラムを見ると、スネアやハイハットを刻む手までは、
さすがに見えないのですが、聞こえてくる音と、見える姿とで、
今は両手でハイハットを刻んでるのか、と判断するのは、いつもとは
ちょっと違う見え方で新鮮。

いつもは、顔だけじゃなく手も一緒に見ることが多いのに、
この席だと、まぼの顔をしっかり見てしまう。
それが、なんだかちょっと恥ずかしかったり(笑)

「Save as...」の演奏中、バスドラのキックにハプニングが生じたのか、
ドラムブースの裏側にいたスタッフをすぐに呼び、なんか調整を
してもらってました。
終わった頃に、太一くんがまぼの方を心配そうに見ていて、それに
気づいたまぼが、「大丈夫」とでも言うように頷いていたのもよかった。

「何度も夢の中でくり返すラブ・ソング」では、後半のサビをくり返す
部分で、数小節終わりにフィルが激しくなる箇所があります。
そこで、バッチリと決めたまぼ。パーカッションのポールさんとも、
合っていて、まぼのご満悦な表情とフィルの決まり具合に、私も
ヨシっ!と気合がはいったのですが、智也くんがフィルが終わりきらない
半小節早くに歌い出してしまい、それに驚いたまぼは、その後ちょっと
叩けなくなって、ぐだぐたになりました。

曲後のMCで、まぼが「間違った〜」と謝っていましたが、まぼは間違えて
いないと思うのですが…。
あの部分のフィルの入り方は、他の会場とも同じで、ドラムの見せ場
だし、違和感なかったのに。
隣の友人も、「智也くん、早く入ったよね?」と私と同意見でした。

「do!do!do!」でも、まぼと太一くんが演奏しながら、笑顔でやり取り
している感じが見られたし、智也くんや茂くんが、まぼの前で笑顔で
演奏していたり、ぐっさんもまぼのドラムと合わせるために、まぼの
方を向いていたりと、双眼鏡で見ているとまぼ1人だけを追ってしまうのが、
他のメンバーとのやり取りが間近に感じられて、思わずニンマリして
しまうシーンが多かったです。

MCで、ぐっさんがまぼのことを「たこ焼き屋みたい」と言ったら、
まぼが「こっちの方がそれっぽい」みたいなことを言いながら、頭に
巻いたタオルを取った!すると、これまでの坊主以上に髪がない!?
いわゆる“丸坊主”状態で、私は目が点になりました…。
まるで僧侶のような風貌で、何を目指しているのだろう、、、
友達曰く「エクザイルだったのがサンプラザ中野さんになったように
見える〜!」って(^^;)

先日、ジャニーズショップに行ったところ、パンフレット撮影風景の
写真が売られていました。坊主頭だったので、買うのを辞めました。
逆に、「太陽と砂漠のバラ」PV撮影時の、演奏シーンを収めた写真が
カッコよくて(まだ髪があるまぼ)、そちらばかりを買いました。
ビジュアルで、グッズ類の売り上げも変わると思うんだけどな。

「SONIC DRIVE」の前、タオルを振り回して、その後タオルを丸めたまぼ。
私のいたアリーナの辺りはみんな、まぼがこちらに投げてくれる
のを期待して待っていました(ちょうどこっちを向いてたし)。
そして、勢いよく投げた風のまぼのタオルは、アリーナの前のカメラ
クレーンのところに、ひらひらと落ちていったのでした、、、
これには、当のまぼも苦笑。
最終日くらい、バッチリ決められないところも、まぼらしい(笑)

前の日記にも書いたように、帰りの電車の時間の関係もあって、
アンコール後のまぼの挨拶が終わったところで、席を立ちました。
こんなに前の席なのに、、、と、本当に泣く泣く。

友達から、Wアンコールで「LOVE YOU ONLY」を“カラオケ”で歌ったと
聞き、驚きました。そう来たか、と、あまりの予想外。
それはそれでハンドマイクを持って歌う姿は貴重で面白いね。
見られなかったのは残念です。
DVD化して、この場面も入れてほしいなぁ。

今回のツアーは、大阪2日目を除き、まぼの顔が見える席ばかりで
ラッキーでした。こんなことも珍しい。
それに、セットリストも好きだったから、長く続けてほしいツアー
だったなぁ。あまりにあっという間に終わってしまい、今は
虚脱感でいっぱいです。
またすぐに、バンドTOKIOに会えるといいなぁ♪

そうそう、前回の日記で書いたペンライト。
アリーナの前の方にも、何人か両手でペンライトを持って、振り付け
っぽい感じで踊ってる人たちがいました。
別に、振り付けとか、両手ペンライトでもいいんだけど、それが
リズムと合ってないときは、視界に入ると本当に困る。
この曲は、そんなにゆっくりのテンポじゃないだろう〜!とか思って、
逆に合わなくなる自分の振り上げた手を下ろしちゃいました。
こういうのは、考えてほしいですね、、、

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM