TOKIO LIVE TOUR OVER 30's WORLD

9/22、9/23と2日間、日本武道館で行われたライブに参加してきました。
約1年ちょっとぶりのライブですが、もっと長い時間、開催を
待っていたように思えます。
以下、一部ネタばれがありますので、ご注意を!
去年はライブツアーが2回あったからか、ずいぶんと久々に感じました。
待ちに待ったTOKIOのライブです。

この間、いろんなライブに参加してましたが、他のライブに行くたびに
TOKIOのライブが懐かしくなってしまうのです。

今回のツアーは、東京・大阪・名古屋の3都市のみ。
しかも、いつもなら、東京・日本武道館でやった後に地方を回って、
また武道館に戻ってきて最終日を迎えるのに、今回は最終が名古屋。
だから、余計に2日の東京公演が短く感じられました。

シルバーウィークはTOKIOの誕生日の9月21日もあったから、ツアーが
決まる前から何かあるかも…と、ほとんど予定を入れずにいたため、
所用を済ませるのみで、遠足前日の子供のように、やたらとTOKIOライブが
楽しみでしかたなく、ほとんど眠れませんでした(^^;)
いつもだったら、開演時間ギリギリに会場へ行くのに、今回は数時間も前に
会場へ着いて、ツアーグッズを購入するくらい、気分が高揚。
グッズを買う列に並んでいる間、リハーサルの音が漏れ聞こえてきて、
さらに楽しみが募る。
でも、逆に胃が痛くなってきたりして…。

一度武道館近辺から離れ、再び戻ってきて場内へ。
まずはセットをチェック。楽器の並びもチェック。
初日は1階北東。ドラムセットがちょっと遠い気がして、前回同様に
中央に配置されてるのかな、と予想。
ライブが始まり、まず驚いたのが、目の前にいたのが茂くんだったこと!
「あれ?北東なのに、目の前がぐっさんじゃない…」と思うのも束の間、
隣の茂ファンの友人が感嘆の声を上げる(笑)

友人的には、ラッキーな誤算だったけど、近辺にきっとぐっさんファンが
多いんだろうなぁ、と思うと、ちょっとかわいそうな気も。
実際、ライブの終わりまで、ぐっさんが東側に来たのは数えるくらいだし。
私はといえば、まぼの右手と顔が肉眼でちゃんと見えました。
ちょうど譜面がまぼの身体の左側、ハイハットの近くに置いてあるので、
ずーっと顔を北東側に向けたままなのね。
あまりに譜面を見ているから、逆に心配になりました(^^;)
初日だったから、いっそう丁寧にきっちりと演奏している風。
それに、今回はサポートメンバーとしてパーカッション(ポールさん)が
入っているから、まぼはポールさんとアイコンタクトをとっていることが
多かったです。

「雨傘」の終わりのシメで、やはりポールさんとアイコンタクト中のまぼ。
バッチリ決まって、ニコーッって(^^)
この笑顔に、ヤられました(笑)可愛すぎるっ!
こっちまで、思わずニッコリです。

とにかく初日は、顔がずーっと北東方面を見ていて、珍しかったなぁ。
演奏はといえば、大きなミスもなく、安心して聴けました。
私自身、セットリストに驚きの連発で、じっくり演奏を見ていられなかった
から細かな演奏面はまったく気にならなかったのかも。

「WATER LIGHT」は2006年のGigでしかやっていないから、また聴きた
かった曲。「あ〜!」と思わず声が出るほど、喜びました。
さらに、「Save as...」のイントロに、「えっ???」と驚きつつ、
この曲はTOKIOの曲の中でも私は1、2を争うほど好きな曲なので、
まさかまた聴けるとは思わずに、本当に嬉しくて、涙が出そうになりました。
ライブ初披露の「Lesson」はずっと友人たちがライブで聴きたいと、
事あるごとに、メンバーにお願いしていた曲だし、「Crazy Chase」も
久々でビックリ。本当に嬉しいサプライズ満載のライブでした。

私的には毎回お約束のように楽しみにしているのが、リズム隊の
セッションで、そこもチラっと盛り込まれていたし、大満足。
(まぼはやっぱり譜面を見てばかりだったけど)

「JUMBO」や「AMBITIOUS JAPAN!」といったしつこいくらい毎回やって
いた曲が今回は含まれていないのも、すっごく嬉しい。
これらの曲が出てくると、正直「また〜」と、ガッカリするので。
同じ曲を毎回毎回やるのではなく、たくさんの楽曲を持っているのだから、
バラエティに富んだ布陣で臨んでほしい、勝負してほしい。
その点でも、今回のライブは一歩進んだTOKIOを見られた気がしました。
昔の曲も、当時は背伸びした風でも、今のTOKIOだからこそしっくりくる曲も
あるわけだしね。

多くは満足の曲の中、「トランジスタGガール」のイントロが流れた瞬間、
悪夢を思い出し、嫌〜な気分に…。
10周年ライブのときだったか、延々30分近く、この曲のサビが続いたことが
あって、「だったら他の曲ができたのに!」と不快に思ったことがあります。
その再来かと思って、実際怖かったです、、、
でもって、やっぱりすんなりとは終わらないんだよね。
加えて、「do!do!do!」も。
客を煽るのはライブならではで楽しいものの、しつこすぎると人は
飽きるのですよ。この2曲が続く本編ラストは、残念すぎる。

初日、「これで本編が終わり!?」と憂鬱になってしまいました。

でも、アンコールの3曲がイイ!ここまでひっくるめて、完成形だと思えば、
とっても好きなライブです(だから余計に、例の2曲が惜しい)。
「スベキコト」は曲調もドラムも好き。
「SONIC DRIVE」はタオルをガンガン回すけど、ドラムがめちゃカッコイイし。
じっくり演奏を見たくても、タオル回しもしたいし、葛藤が(笑)

2日目はアリーナだったので、思い切り跳ねて楽しみました。
予想外にまぼの表情もバッチリ見えて、嬉しかったしね。
数列前にウチワを頭上にあげて興奮していた人がいて、おかげで視界が
遮られて見えなくなるから、伝言ゲームで後ろの人に注意をしてもらう
ようお願いしました。
みんな「そのウチワで見えませんよね」って快く注意をしてくれて、ホント助かった!
TOKIOファンのそんな一体感も嬉しいライブでした。

長くなってしまったので、また別の日に。
急遽大阪初日ライブも行くことにしたので、全5公演、思い切り楽しんできます!
ちょっと遅い夏休みかな。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM