「ヤスコとケンジ」最終回

終わっちゃいましたね・・・。毎週、本当に楽しみでした。
笑って泣けて気軽に見られるエンターテインメント作品だったなぁ。
8話あたりに、ちょっとトーンダウンしてしまったものの、
自分としては9話で徐々に盛り返して、最終話はスッキリ。
無理やり感が多分にあったけど、最後までヤスケン感が満載で
とても楽しめました!

ヤスコの交際を許しても、ワケのわかんない十か条を決めたり、
親知らずで倒れても筆談ではやっぱりケンジの言葉まんまで表情が豊かだったり。
今日はヤスケンをずっと見ていた人へのクスっと笑わせるかのような
小ネタも満載というか、すべて盛り込んでましたね。
倉庫での乱闘も、ちゃぶ台返しも、ケンジとエリカの睨み合いも、
ケンジのクビを異様に回す癖も、このところ見なかった青田を出すとこも。
毎度の事ながら、効果音も絶妙だったし。

そして、このドラマを見ながらずーっと、嶋さん演じる渋谷は、
そのうちケンジを助けに来たりしないのかな、、、と思ってましたが、
最後の最後にここでかっ!と、すっごい嬉しくなりました。

すべてがベタな展開だけど、深く考えずに、気楽に見られて、
それでいて最終回でも、たくさん泣かされました。
長野君演じる秘書がエリカから身を引く場面でも、ウルっときて、
最後のヤスコの結婚式用の祝辞を読む場面。
これは、製作陣の魂胆が丸見えなんだけど、まんまとハマる視聴者(笑)
とっても気持ちよく泣かせてもらいました。

でもって、あのケンジのエリカへの告白場面。ダサすぎて笑ったー。
これでこそ、沖ケンジ!だし、結婚式当日でも、ガンを飛ばしあう
ケンジとエリカ。
結婚式の場面ではなくて、お茶の間で終わるのがまたニクイなぁ、と。
私には大満足な最終回でした。

あっという間の3ヶ月で、もっと見たかったなと思う一方で、あんまり
引き摺らずにテンポがよいからこそのコメディなのかな、とも思います。

ちなみに今期、すべて見ていたドラマは、これと「魔王」くらい。
(「魔王」は結末が知りたくて、ながら見って感じ)
「正義の味方」は家にいるときはほとんど見てました。
視聴率はイマイチだったけど、結構面白くて(姉の“正義”に転じる
オチが楽しみで)。
「ヤスケン」は、まぼファンではない友達にも、「面白いねー」と
言われたのがまた嬉しかったです。

製作スタッフ&キャストのみなさま、楽しいドラマをありがとうございました。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM