TOKIO LIVE TOUR 2008 sugar Part.2 最終日

ツアー最終日、横浜公演の1部と2部の両方に参加してきました。
パシフィコ横浜は何度も行ったことがあるけど、大きな会場です。
これまでの地方のホールとは比べられないほどの広さ。
席数も倍くらいあるんじゃないかな。

このブログにも何度か書いてますが、他のアーティストのライブで
行ったことがあるものの、すべて2階席と3階席しか入ったことが無く。
今回も、1部2部両方とも2階席でした。
いつになったら地上に降りられるのか…。

1部は2階の真ん中よりも後ろの方の席で。
今ツアーでは初めて、野鳥の会のように、双眼鏡でステージをガン見して
いました。2階席だから段差が結構あるかと思ったものの、そうでもなくて
前に背の高い人がいて、最初双眼鏡を覗いたら、前の人の頭でステージが
見えない(><)
友達が席を替わってくれたおかげで、ようやくドラムが見えるように。
1階も段差が少なそうだったけど、2階も見づらい会場です、、、

ドラムが割と真正面で、双眼鏡で上から見ると、まぼの右足の膝が見える!
この角度は本ツアーでは初めてだったので、バスドラの音を耳で拾い、
右足の動きを見てました(マニアックですみません…)。
「明日を目指して!」のサビや「本日、未熟者」の大サビの終わり部分とか、
4分でバスドラをドンドンと踏んでるのが、バッチリ見られて、
そんな動きで満足している、ある意味、単純なファン(笑)
普段、そんな絵では見られないから、音だけで動きを想像していて、
それが思ったとおりの動きをしていると、なんだか嬉しいのです。

それと、その角度で見て思ったことは、スティックでカウントを採る
場面が複数あったんだなぁ、ということ。
「undid」の間奏から2番に入る場面は春ツアーの初日から耳で感じとった
けれど、他にもちょっとした場面でカウントを採っていて、「あぁ、
そうやってたんだぁ〜」といろいろな発見が。
何公演も参加しているのに、見る角度によって本当に見え方が違って、
全く同じように感じることはないですね。

2部は、2階の前の方で見ました。
今回のツアーに限らず、「また、この席!?」と思うような、太一君サイドの
端の席…。案の定、ドラムを演奏しているまぼの顔は、まーったく見えません(泣)
それにしても、前の方の席でも、肉眼でステージ上のメンバーは見えなくて、
本当に遠く感じました。視界は開けてたから、ちょっと高所恐怖症気味な
私には怖くもあり(^^;)←昔は全然平気だったのに、最近高所が怖くなり…。

1部は野鳥の会だったけど、2部はまぼも見えないし、ってことで、もう思い切り
楽しむしかないな、と。ツアーもこれで終わっちゃうしね。
そうはいっても、捻挫はまだ完治していないから、跳ばないように気をつけて。
後日、これを書いてますが、振り返っても、オーラスはどんな感じだったのか、
あまり覚えてなくて…。集中して見ていたつもりだけど、あんまり冷静じゃなかったのかも。

1部のときから「1日2本は無理ー」って弱音を吐いていたまぼ。
弱音というか、予防線というか(笑)
そしたら、やってくれましたねー!
「明日を目指して!」の大サビ前、ドラムがばっちし目立つ箇所。
そこの失敗だけは、覚えてます(^^;)
「えぇ〜!?」って思ったけど、「まぁ、無理って言ってたし〜」と
なんだか笑っちゃっていた私。
ふとその瞬間に太一くんを見たら、まぼのことを何度も見つつ、
私と同じように笑っていました。
ちなみに、そのときのまぼの表情も、私の席からまったく見えないから、
どんな感じだったんだろう。
まぼファンの友人に聞いても、その失敗に気づいてなかったから、平素を
装った表情だったのかな。

って、オーラスなのに、一番にそれを覚えているって・・・。
反対にいえば、今回のツアー、まぼはとっても安定していて、ミスが
本当に少なかったように思います。細かいところでは、「あ、今ごまかしたな」と
思うことはいろいろあったけどね。でも、それは「ライブは生だから!」と
納得できる程度のことばかりで。

個人的には、「sugar」がこれまで以上に感激しました。
「このライブが終わったら、また当分TOKIOに会えないんだ…」と思いながら
この曲を聞いてしまい、目頭が熱くなりました。

いつものように「城島ソング」と5人の挨拶があり、メンバーがステージを去り。
でも、オーラスはこれでは終わりません。
Wアンコールで、「LOVE YOU ONLY」を。2階席から1階席を見渡すと、みんなで
アノ振りをやっていて圧巻でしたよ。本当に楽しかった!
そして、再び「雨傘」を。
春ツアーのラスト再びか、まぼが歌うような感じだったのだけど、珍しく
とっととドラムブースに入ったまぼ。
でもあの雰囲気は、他のメンバーはまぼに歌ってもらうつもりだったよね。
私も、いつもならまぼが歌うかどうかは、あんまり重要ではないのだけど
(ドラマー松岡ファンだから)、この日は本当にまぼが全然見えなかったから、
正直前に出てほしかったな、と残念でした。
それに、ツっているまぼの指が、スクリーンに大写しになっていたしね。
「雨傘」のドラムはその場で簡単に叩けるものじゃないから、智也君も
きっと練習していたのだろうし。智也君のドラムも聞きたかったかな、と。
これは寂しいけど、お蔵入りだね。

いろんな気持ちが交錯した最終日。
TOKIOのライブが終わるのが、本当に切なくて。
いつもこの日は、なんとも言えない気分になりますね。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM