「相棒−劇場版−」を観た

公開初日、舞台挨拶付きの上映を観てきました。
土ワイのプレシーズン時代から欠かさず見てる私には劇場版は感無量。
「相棒」ってもう8年にもなるんですねぇ〜。
元はといえば、寺脇さん目的で見始めたこのドラマ。
大好きな刑事ドラマ「刑事貴族2&3」の本城さんと亮コンビが「相棒」で
復活する!というような感覚で見始めたのでした。

軽快な本城さんと亮のやり取りとは全く違い、最初は空回り気味の
「相棒」の右京さんと薫ちゃん。それがこの8年で、すっかりと本物の
相棒コンビになって、それが大きなスクリーンで見られるなんて!

公開日が平日だったけど、舞台挨拶のチケットが幸運にも取れたので、
会社を半日だけ休んで、新宿バルト9へ行きました。

いつもなら、開演間際に行くのですが、本日はTOKIOの夏ライブへ
参加するための足(飛行機)の先行予約日でもあったから、
早めに映画館に到着し、ケータイで飛行機を予約してました。

目当ての飛行機も予約でき、安堵していると、劇場スタッフが、
「この後10時から、ロビーで“相棒”の出陣式を行います!」と
客を誘導してました。これまた、早く映画館に行ったのがラッキーで、
一足早くに右京&薫コンビを見ることができました。

生で見るのは初めてではないけれど、公開初日を迎えた2人は、
緊張と嬉しさとで、とってもよい表情で、こちらも思わずニンマリ。
右京と薫の状態で挨拶したり、2人でやり取りしたり、
舞台挨拶も大盛り上がりで。

映画は、というと、普通に楽しめました。
後から考えると、矛盾点はたくさんあるし、最初から犯人も読めるけど、
でも、ワクワク感やドキドキ感が見ている間、常にあって面白かったです。
ラストは、TV版の相棒とはちょっと雰囲気が違うような気もしますが。

それにしても、「相棒」の人気を実感し、驚きました。
劇場に足を運んでいる人は年配の方が多くて、お婆ちゃんもいました。
平日だというのもあったのかな。

周りの友人も、このところの再放送を見てる人が多いようで、
「今更、ハマッた!」という報告もあって。
こんなに「相棒」で盛り上がるなんて、ビックリだなぁ。

ま、気軽に見るにも映画はよいのですが、いろいろ考えさせられる場面も
あって、好き嫌いが分かれるかもね。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM