ドラムのレッスン(SONIC DRIVE!とSave as...)

昨日、エキストラに参加した後、夜にはドラムのレッスンへ。
その上、練習曲は「SONIC DRIVE!」だから、バテたのは言うまでもなく・・・。
先々月あたりから練習していた大好きな「indicator」はほぼ完了。
この曲、ホントに楽しいよ〜!ライブで聴きたい♪

先月からは、今の私が一番好きなTOKIOの曲、「Save as...」の練習を開始。
これは、聴くのと演奏するのとでは大違い。バスドラをずーっと4分で
刻んでるから、右足がとっても疲れる。
この疲れ方は、「明日を目指して!」と同等。
あんなにメロディアスで、歌いながら叩きたい曲なのに、そんな感じでも
なかったりして。ドラムって、聴くのと演奏するのとで違う!という
のを発見できて、面白い楽器ではあります。

そして、いよいよ開始したのが「SONIC DRIVE!」。事前に先生に、
採譜をお願いしていて、前日届いたメールに、「ツインペダルでバスドラを
連打していて、凄い高度なテクニックを使ってる。松岡本人が叩いてたら、
かなりテクニックが上達してるよ!」ということが書いてあり。
先生はCDを聞いて採譜しているわけですが、CDだとツインペダルなんだってー。
私の練習用には、シングルペダルでうまくつながるように譜面を書いて
もらっています。が、ライブでこれを観られたら、絶対に足元を
チェックしたいー!と思いました。
ツインペダルは、これまで使ってたことないよね?
でも、まぼのことだから、「CDとライブは違う」って言ってツインじゃないかもな(笑)

それはさておき、実際に演奏してみたところ、聴く以上にテンポが速い!
先生が、「(私が録音していった)カセットテープの回転数が速くない?」
と言って、CDプレーヤーで再度聴きなおしたくらい。
結局、回転数は速くなってなくて、原曲が速い!
なのに、「よく8ビートで叩けるね」とお褒めの言葉をもらった(^^)
私の8ビートは、速いテンポの曲でも、すっごい無駄な動きをしています。
普通はハイハット上でうまくスティックが跳ねるように、手を運ぶんだけど、
私は速さ関係なく、常に、まさに刻んでる、って感じ。
自分でもびっくりする。それだけ、ドラムに慣れたから、できるように
なったんだろうけど。
さらに、後半なんて、CDの速いテンポを追い越しちゃってるし(爆)
走るドラマーなもんで(^^;)

基本パターンはなんら問題ないんだけど、フィルも初めてのフレーズが
多く、面倒くさいから、もう少し練習に時間がかかりそうだなぁ。
それにしても、智也君の作った曲はドラムが凝ってて面白い!
これ、ライブで演奏してほしい〜。
それこそ、松岡殺しのハイスピード曲メドレーに加わってもいいテンポ感
だしね。
疾走感がたまらないです!(先生曰く、疾走感はまだ生ぬるい。それ以上の
テンポだろう、って)

最近、ここ2年くらいに出演した音楽番組を見たり、ライブDVDを見たり
してたから、余計にドラムを叩くのが楽しくて。
3月のTOKIOライブに向けての予習でもあり、ドラムでチェックしたい
箇所がたくさん出てきてます♪


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 誕生日の歌
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Miyuki
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    Rene
  • TOKIO Special Gigs 2006 DVDの感想
    ぱきら
  • 新しい枕
    Miyuki
  • 新しい枕
    ぱきら
  • 北海道と言えば…
    Miyuki
  • 北海道と言えば…
    ぱきら
  • “ピンポ〜ン”にトラウマ
    Miyuki

recommend

recommend

profile

書いた記事数:454 最後に更新した日:2011/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM